フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12. ( 密室 ) | トップページ | 14. ( 変死? ) »

2012/06/06

13. ( 興味深い話 )

13. ( 興味深い話 )

興味深い話が紹介されている。なぜか渡辺の担当弁護士ではなく、札幌在住の人権派弁護士のもとに事件の背後関係を相当詳しく知っている匿名の者から「渡辺司を助けてあげてください。彼は道警の不正を全て知っています。このままでは初公判まで命が持ちません。」という懇願の手紙が届いていた。曽我部氏に渡された手紙のコピーによるとこの匿名の人物は稲葉や渡辺の事件に関することだけでなく、検察と道警の内部事情に相当詳しい者であるという。

著者のこの手紙の内容に関する印象は『検察と道警が稲葉の公判で渡辺を証人として出廷させないための策略を練っているような予感がするとある。

後に著者にも同じ匿名で手紙が届くが「ある具体的な理由で殺されるかもしれない」ことを冷静に伝えようとしている。

結局著者の予感どうり渡辺が証人として出廷することは永久になくなったのである。

著者には差出人の見当がついたようだが確証はないとある。

おそらくT警官ではないか。渡辺の自爆テロにあたって側面からアドバイス、あるいは後押ししたのではないか。逮捕された際、いわば犯罪仲間の警察に話したところで握り潰されるのはわかってるし警察、検察の力が及ぶ留置場では安全ではないと考え、法務省管轄の拘置所なら安全と考えたのではないか。そのため実際に判事の前で勾留質問に答えるかたちで2時間にも及び稲葉と道警の組織的な犯罪や不正の爆弾証言をし、それにより稲葉は逮捕された。あとは拘置所で911日の稲葉の初公判を待つだけであった。

しかし現役のT警官は道警本部内の動きや情報で拘置所の独房も安全ではないことに気付きあわてたのではないか。

最も安全と思われた場所が実は最も危険な場所であることに気付いたのではないか。

渡辺の変死後、T警官は落ち込んで後悔しているようだったが、何を後悔していたのかは明らかにされていない。匿名の人物がTであるというのも私の憶測である。

元妻に宛てた9の手紙を読んでも元妻と自分のへの強い思いが感じられ、特に幼い娘は生きがいのような存在になっている。投函されなかった10通目の元妻への最後の手紙でも、自殺を感じさせるような文言は見当たらない。刑期の件で落ち込んではいても次回の手紙の便箋の枚数を気にしているくらいである。

« 12. ( 密室 ) | トップページ | 14. ( 変死? ) »

警察の組織犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12. ( 密室 ) | トップページ | 14. ( 変死? ) »