フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 14. ( 変死? ) | トップページ | 16. ( 真相 ) »

2012/07/13

15. ( 羊の群れ )

15. ( 羊の群れ )

この国の人々は食品偽装や放射能漏れ問題のように目に見えない表面化しないとわからないことに対しては、予想したり想像したりしない。そのため、常日頃から物事ので何が行われているかに鈍感で「疑う」ことをほとんどしない。

福島原発で3基が既にメルトダウンの状態で大量の放射能漏れがおきていても、テレビに出まくっていた専門家達の歯切れの悪い解説の嘘を見抜けず、疑うことさえしない。政府と東電と原子力専門家とメディアがグルになって情報操作をしているのに国民は怒らず、パニックを防ぐためだったという何ヶ月も経ってからの言い訳にも怒る人は少ない。

あれだけのことがあったのに、偶然あの程度で済んだのに、仮に一時的でも経済活動を理由にまだ原発を続けるというのだから目が点である。人智の限界を無視した「バベルの塔」にまだ懲りない傲慢な人間に対して今度はどこで何が起こるのか。

これを阻止できない我々自身に責任があり、結果的に思い上がった日本人へのやはり「天罰」であったのだ。想定外などとたわけたことを言う人間と黙認してきた我々に対する「警告」でもある。

健康寿命がわずか70の思い上がった人間が「数万年」単位の危険物質をコントロールしようというのだから、何世代も後のことかもしれないが「核」に限らずこの先さらにとてつもない「想定外」が必ず起こるはずである。

日本人にどの程度の豊かさが必要なのかわからないが「放射能汚染の恐怖」なしに以前よりは非常に不便ではあっても、十分すぎるほど幸福に生活できるはずである。「大津波」だって実はそうなのだが原発事故に関しても思い上がった傲慢な人間への「天罰」以外言葉が見つからない。東北の人たちが天罰を受けたという意味ではなく、「人間」が天罰を受けたのだと私は思う。

この国の人々は権力や権威にたいしては疑うことなく受け入れ、丸めこまれているのを感じていても黙ってしまい、「ものいうことなく」受け容れてしまう。

未曾有の大津波で壊滅的な被害を受けても「人々は秩序をまもり冷静に行動した」として海外のメディアから「日本人の美徳」を賞賛されて皆さん満足げである。

一方で福島原発事故当時の損傷の程度や、放射能漏れの実態についての日本政府の対応をめぐって欧州のあるメディアは「この国は嘘を言う国だ。」と断じ報じている。

日常的に協力者たちのを体験してきた私にとっては偽善のような美徳など「くそくらえ!」である。私のまわりで行われている組織的なストーカーは「偶然を装った嘘そのもの」であるからだ。

外国のように略奪や意味のない暴動を起こすのは論外である。しかし私が思うに大多数の日本人は怒りをあらわにして権力に立ち向かうことはしない。怒って言うべきときに「ものいわず」に、従順な羊の群れたちは結局飼い主に言われたとうりの道を歩いて「屠殺場」へと向かうのである。

« 14. ( 変死? ) | トップページ | 16. ( 真相 ) »

警察の組織犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 14. ( 変死? ) | トップページ | 16. ( 真相 ) »