フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 15. ( 羊の群れ ) | トップページ | 17. ( 闇に葬る ) »

2012/07/19

16. ( 真相 )

16. ( 真相  )

 

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」帯には覚醒剤130キロ、大麻2トン、拳銃100丁とある。

9年の刑期を終えた稲葉氏が2011106日初版の本を出版したのだが広い意味での警察を守るために活動している「裏金問題の大御所」が関わっているこの本に関しては、何か意図があるのではと考えてしまう。

私は稲葉事件を追及するために書いているわけではなく私が稲葉事件を取り上げた理由は(最後に)書いたとうりである。

この本についても取り上げるつもりはなかったのだが気になる点があったのでとりあげてみた。

 

事件の当事者の本人が書いた本だからすべての真実が書いてあるとは限らない。稲葉氏に限らず人間は弱い生き物で素っ裸になることはなかなか難しい。だれでもそうなのだが、心の中の恥部まですべてさらけ出すことはできないしその必要もないはずである。

表沙汰になっていない誰も知らないマスコミも気づいていない過去の不正や犯罪をあえて語るバカはいないはずだ。暴露してもも差し障りのない範囲のことしか語れないということである。

 

1997年当時の薬物対策課に勤務経験のある警察官はすでに稲葉の覚醒剤使用を疑っている。

覚醒剤捜査のプロだから「体にシャブが入っている奴はすぐわかる」という。

1999年稲葉の腕には、注射500円玉ぐらいの大きさで紫色になっていたという別の警察官の証言もあった。

 

 

 

本当に都合の悪い部分はさらりと流しあるいは触れず、道警の幹部たちに利用されたことをまわりでも強調しているが同情を買ってきれいごとでまとめあげているように見える。「本人による稲葉事件の最終的な辻褄合わせの言訳本というのが私の印象である。」

正直いって、「暴力団対策の最前線にいた刑事の話」としてはおもしろかった。

もし稲葉事件がなかったならば単純におもしろく読んだかもしれない。

 

付き合いのあった「暴力団組長や組員」に気を使って「暴力団」ではなく皆「ヤクザ」となっていたのが印象的であった。本の内容も「告白」というより「言い訳」のように私には感じられたのだが。

歴史に残る迷惑をかけた警察組織を将来的に守るために最後の御奉公をしているかもしれない。

「よりよく明るく」なろうとしている警察組織にこれ以上迷惑をかけるはずもなく、道警の幹部達による犯罪のほとんど知られている事、あるいは新事実であっても警察庁が既に把握している想定内の話しか書けないはずである。

 

 

原田氏が元上司としてかつての部下稲葉氏のそばに寄り添ってアドバイスをしているようなのだが。

元銃器対策課OBの話原田さんが稲葉事件をきっかけとして裏金のこと暴露したことになってるけど、仲人したくらいで稲葉のやってたことを知ってるわけがない。部長と警部補が事件のことで顔をあわせて話すことなんてないんだから。せいぜい課長くらいがサッと報告してる程度だ 

ではいったい原田氏が裏金を暴露した本当の目的は何だったのだろう。あるいは何か別の役割があったのだろうか。

 

『銃対課にいた頃、一番多いときでアジトの保管庫に拳銃は100ほどありましたが、このときは銃対課を離れて大部分を処分していたので、PSMだけになっていました。』

                            「恥さらし」

 

現役警官からの逆タレこみを曽我部氏が裏取りをしている。稲葉氏が他人名義で借りていたマンションの張込みをして1週間目の夜に6の高級外車が集まり、総勢12の暴力団風の男たちがマンションに出入りしている。

1時間後に出てきたときにはそれぞれ両手に2袋ずつ、全部で24袋をそれぞれのトランクに4袋ずつ積み込んでいる。

警察官の情報は正しかった。このマンションに何かを集積しておいて、今日6台の車に分散して積み出したのだ。稲葉が逮捕された710日から23日までの間に、中央区の藻岩山山麓の稲葉の自宅となっていたマンションから移動した「」がこのマンションに集積されている、という情報は正しかった。

万が一に備えて4台のメルセデスと2台のワゴン車のナンバーは全て偽造である。それほど危険な」を運び出したということである。

 

後日この話を裏付けるように元銃器対策課のOBによる「小樽より積丹方面。海に向かう国道沿いにある民家の裏山。民家と裏山の間に細い川」のキーワードをもとに、偶然にも稲葉名義で登記されていた所有地で重金属探知機を使い埋められている場所を特定できたのだが、先を越されて掘り返されている。

著者はすでに現地に向かう際にNシステムやパトカーにより道警の監視下にあったと書いている。見つけられては「こまる物」を捜す途中で、尾行のパトカーにスピード違反で捕まっている。

8km超過でスピード違反で捕まるのも珍しい事なのではないか、私は聞いたことがないのだが。北海道の幹線道路では「車の流れ」があるなかで、この程度で捕まえていたらほとんどすべての車が違反になり捕まえなければならない。

警察の牽制なのだろうが、「よけいなことはするな」という警告であろう。

 

私は曽我部氏の考えをすべて全面的に支持をしているわけではないが、アジトの拳銃の件に関しては稲葉氏の告白よりも信用できるのではないか。というより「白の真実」に書かれていることが事実であると考えている。だとすれば当時100丁以上の拳銃が暴力団の手に渡ってしまったのではないのか。

もし大量の拳銃が暴力団に渡ってしまったならばそのことだけでも重大な事なのだが道警側は稲葉のアジトにあっては「こまる物」を、稲葉事件がさらに拡大することになる証拠を家宅捜索の前暴力団を介して消し去ってしまったのである。

 

 

 

警察庁登録五〇号事件」

通称「五〇号事件」とは1996年から98年の2年間に及ぶ拳銃摘発のための警庁を中心にして千葉県警、警庁、北海道警による合同の広域捜査のことである。

96年千葉県の暴力団組織が800のブラジル製拳銃ロッシーを南アメリカからのルートで国内に密輸入した事実を警庁が察知したことに端を発している。

拳銃の出どころを調べ大量の銃の保管場所を突き止めるのがこの時の捜査の目的である。

警察組織の自作自演も全くないとは言い切れないのでこの話の発端自体がどこまで事実かも怪しいのだが。

道警からは稲葉氏と元暴力団幹部でSである石上の二人が暴力団と取引する囮として参加している。

 

 

 

不正を告発する側と不正に手を染めている側とがそれぞれの立場で主張が食い違うのだが

まっとうな考えの警察官と暴力団に近すぎる警察官とが「犬猿の仲」だったとか「確執があった」とかはそうかもかもしれないが、やはり告発する側の警察官にそれ相当の根拠と理由がありだいたいが実際に告発した情報どうりの事件であったのだ。

稲葉氏側はSがらみの事件のすべてに自分が関わっているとされているのは、事実と違うと言っているのだが、本当のところは不明である。

どちらかの側に感情移入して同情的になれば真実を見誤ってしまうかもしれない。

いまだにこういう食い違いが出ている事自体この事件の闇のすべてが解明されていない証拠でもある。

 

曽我部氏は「稲葉氏」を道警幹部たちに利用された組織の論理の犠牲者の面を強調している。

元銃器対策課のあるOBは違う立場である。あんたは稲葉が組織の犠牲者のように書いていたけど、俺は違うと思う。自ら進んでやったことなんだから、しかも、シャブ売ってまでチャカ出そうとして、結局、暴力団と同じ感覚になってしまった。そんな警察官はいっぱいいるよ。暴力団に内通しているのとか、親密な付き合いをしているのとかな。暴力団と付き合いがいい警察官には真っ当な事件なんか任せられないんだ。でも、稲葉には任せてしまった。任せた上司に責任があることは明白なんだけど、そいつらに責任が及ぶことも組織の恥として押さえ込んでしまう。

警察組織では表沙汰になったことだけを問題として扱ってるんだよ。表沙汰にならないことはいっぱいあるんだ。

私も稲葉氏を庇いすぎのような気がしていたのでやはりこういう考え方もあるのだなと思ってしまった。

 

 

服役前に大御所原田氏も稲葉氏を激励している。服役して罪を償うのだから出所したら堂々と胸を張って生きろと。道警が幹部たちの犯罪をいまだに認めず自浄作用のない組織であり、関わった幹部たちがのうのうと定年を全うしたり、現役でご活躍しているのに比べれば稲葉氏のほうがまだましである。稲葉氏を利用して出世していった幹部たちは大悪党である。しかし警察権力の威光を盾に結果的に多くの嘘で世間を騙し続けた稲葉氏も当時は悪人であったことにかわりはない。

国家権力により胸が張り裂ける無念の思いで死んでいった者、これから死んでいく者もたくさんいるはずだ。稲葉氏だけが特別に辛酸をなめているわけではない。

 

稲葉氏個人は9年間の服役により罪を償ったので、この先とやかく言われる筋合いはないだろう。小さくなって下を向いて生きる必要もないし堂々と生きたらいいだろう。胸を張ってはどうなのかわからないが。

これからは警察権力側の「反面教師」として元道警幹部たちを糾弾しながら「警察改革」を提唱した活動をするかもしれないが、不祥事続きの刑事警察組織の単なる「ガス抜き装置」として利用され腐った巨悪な組織犯罪をますます見えずらくしなければいいが。

 

事件発覚当初の状況と道警側の思惑により「稲葉事件」と個人の名前がついてしまったが主導的役割を果たしていたのは道警の幹部たちで組織犯罪の内容からみても「北海道警察本部事件」となるべきなのかもしれない。

本人やまわりの思惑とは違い、この事件は警察機関による史上最悪の組織犯罪として後世まで語り継がれるはずである。

 

 

« 15. ( 羊の群れ ) | トップページ | 17. ( 闇に葬る ) »

警察の組織犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 15. ( 羊の群れ ) | トップページ | 17. ( 闇に葬る ) »