フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2016年4月 »

2015年11月

2015/11/30

正体見たり

 

公安警察の町内会をベースにした、協力者たちによる監視活動と称する「嫌がらせ」は執拗で陰湿である。ターゲットだけにしかわからず刑事事件にしづらいような巧妙さで仕掛けてくるがその実態と意味を知れば誰もが驚くはずである。公安警察は嘘、でたらめを言って大量の人員を動員し、出先などで大勢の協力者を配置して行われるストーカー行為にも仰天するはずである。これが私の被害妄想なら病気である。しかし札幌市の私の身辺で行われている厳然とした事実である。

 

参考で引用した日本共産党の刑事事件の場合のようなまぬけな公安警察の活動は、あまりにもまぬけすぎて本当のところはどうなのか私も正直疑っている。

彼らは特殊な立場にあり仮に免職になっても単純に失職はしない。次の公的任務が待っているのである。

私の友人の会社にも元道警公安課の刑事が私の知る限り二人就職している。
 
彼は「公安を自分が採用した」と胸を張って言っていた。それはそうだろう。

強固な守秘義務のある公安が本当の目的を言って入り込むはずはない。絶対に疑われないように通常の手順を踏んで就職するはずである。会社の性質上筋の悪いのも相手にするだろうから警察のOBが必要なのはわかる。公安より元「マル」のほうが適切だと思うのだが警察ならだれでもいいのかもしれない。しかしよりによって公安とは・・・・。

 

5年ぐらい前の話で絶縁したのは直接にこの件とは関係ないし、当時私から友人を疑ったことはまったくなかった。
権力志向のこの男には何を言っても無駄なので私の方から切ったのだが、この手の人間はデマやでっち上げで巧妙に仕掛けて陥れる手口をまったく知らず、疑うこともしない。それが「工作活動」の一つであることを現実感をもって考えることすらしない。
この男の耳に入る私に関する権力組織側の一方的な情報を冷静に客観的に分析すれば違う判断もあるのだがもはや不可能である。
私がどれほど酷いことことをされ続けてきたかこの男の想像を超えているだろう。
そもそも人間には信頼できない友人など必要ないし「友人」は要らない。

 しつこく誘ってくるが、はらわたが煮えくり返っていてもあえて無視することがせめてもの私の「温情」であることを彼は気付くこともない。
 
私は彼のように、友人に対して上から目線で接したことは一度もない。すべて対等か相手を尊重し譲歩する立場である。
 
協力者に成り下がったこの勘違い人間に会うことは二度とないし、もはや「死」に際してもお互い感知することもない。
 
縁を切ったのは私からだが、この道を選択したのは元友人である。

そして本当の真実にもとづき最後の審判を下すのは「神」であることをこの人間は知る由もない。

小林多喜二は言った。

『困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。』

 

公安の活動は人の心の中にまで土足で入り込む。
 
そして関係者を巻き込み、陥れて大事なもの、大切なものもすべて破壊する。
これが公安警察の本当の手口である。

 

私は日本共産党の思想を全面的に支持をしているわけではないが参考としてこういうのもある。

「警備公安警察の違法な警察活動の実態解明を求める決議」―自由法曹団

http://www.jlaf.jp/ketugi/98/ket_981026_3.html

警告

この記事をあなたのブログにリンクさせることを禁じる。

 
私の他の一部の記事だけをリンクさせているブログは悪意のある

公安の関係者か協力者である。 

特に札幌のお前のことだ。元職員お前だ、なめたことするなよ。

 

2015/11/30

妨害工作

 

私のブログを基にねつ造、改悪している「pdf」は私のブログとは一切関係ありません。
悪意
のある公安関係者協力者が作成したものです。
「ココログ」、「Sonet」のブログが今現在の私の公式なブログです。

検索をしても私の肝心な記事が最初のほうに出てこないように小細工もされています。
pdf」ファイルも私のブログよりも先に見つかるように配置しています。私のブログ自体も巧妙にブロックされています。

悪意のあるpdfねつ造修正記事」
http://www.mk2010.net/img/Koan/KOAN3/Koan3.pdf

http://www.mk2010.net/img/Koan/Koan1.pdf



              警告

私の他の一部の記事だけをリンクさせているブログは悪意のある
公安の協力者か創価関係者の自演偽被害者ブログである。 
特に札幌のお前のことだ。元職員お前だ、なめたことするなよ。

 

2015/11/28

本当にあった怖い話

 

2015/2/19の予算委員会で「日教組はどうするんだ?」。安倍ちゃんが思わず言ってしまった。

 解る人にはわかっている教育界を事実上牛耳っている極めて政治的な権力団体のことである。右寄り、左寄りの話ではない。
この発言は、日教組は補助金をもらっていなかったので結局総理の勘違いなのだが、時の総理大臣が思わず野次ってしまうほど胡散臭い権力団体なのである。

 
拉致
を盛んに行っていた1970年代当時の朝鮮労働党と社会党はズブズブの友党である。

 教職員組合が熱烈に支持した旧社会党、民主党(社会党の残党)、社民党(旧社会党)の国会議員はこの件に関して誰も責任を感じることもなく黙して語らず、いまだに生き延びているのである。

この時代中国や北朝鮮の「子供たちの笑顔」を絶賛し、さりげなく社会主義の良さを私に説き、フロイトのマニュアル通りの精神分析とマニュアル通りの結論を上から目線で私に説いていた教師は今校長をやっている。

 教育者を否定することはできないが教育者の別の一面も国民は知っておくべきである。

 
野党によると安保法案は戦争法案だそうである。

 「教え子を再び戦場へ送るな」当たり前のことである。誰もが皆そう思っている。

 戦争反対のスローガンは北朝鮮と中国に向かって言うべきことでこの国がどういう国か。今何をやり、将来何を目指しているかを冷静に考えればどちらが問題なのかは誰でもわかることである。

 下着泥が復興大臣をやり続けているふざけた内閣ではあるが、民主党政権時代や自民党の歴代アホ政権に比べれば安倍ちゃんはよくやっているほうである。



校長がフィリピンで買春…被害者は
12660人、14万枚の写真が見つかる。
http://matome.naver.jp/odai/2142851772367548701

 

横浜市の中学校元校長(64)逮捕
 http://girlschannel.net/topics/338695/


ロリコン逮捕の元校長 女生徒に“人気薄”の担任時代〈週刊朝日〉
 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150415/asahi_20150415_0003.html

https://www.youtube.com/watch?v=DdaTEg0ONb8

 

教師の不祥事の関連ニュース

http://news.yahoo.co.jp/related_newslist/teacher_scandal/

男は皆想像はする。しかし実行はしないだろう。羨ましいぞ性職者よ。

http://ceron.jp/url/www.sankei.com/affairs/news/151021/afr1510210010-n1.html

 


男子児童を
裸にして撮影

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2643805.html

 

一度に教諭4人免職

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151022-00010001-chibatopi-l12

 



土井たかこ氏の訃報に対して

http://news.livedoor.com/article/detail/9302597/

マスコミが報道しない土井たかこ

http://matome.naver.jp/odai/2141194784393342701




http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2010/06/post-d972.html


http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1076.html



■北海道教職員組合(北教組)とは

■自民党・義家弘介議員が語る北教組の恐るべき実態

■北教組教育をうけた2ちゃんねらーの書き込み

■小林千代美議員(民主党)の評価

■北教組のアイドル:横路孝弘の正体

■日の丸大嫌い、竹島は韓国領!?“北教組”トンデモ実態

竹島の領有権は「韓国側の主張が正当だ」と主張

北教組・日高支部が「国旗国歌排除マニュアル」を作成・配布

うがい・AED…「何でも反対」北教組中央委(ソース)

北教組逆ギレ?国会追及の議員を呼び捨て批判 日高支部内で文書配布

■北教組の深い闇 学校を支配する諸悪の根源「46協定」とは

 

■割れたコップに水を注ぐ行為
 
  ■結局は組合の財源

  ■組合天国の学校

■諸悪の根源46協定

■際限なき拡大解釈

■日教組をつくったのが北教組で、北教組をつくったのが小樽教組

 




警官強姦
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015112602000257.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000040-nksports-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000014-wordleaf-soci
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160619/3283161.html

                            つづく

« 2015年7月 | トップページ | 2016年4月 »